当科の研究発表が優秀演題賞を受賞しました

2019年12月03日

第37回日本神経治療学会学術集会(横浜市:学会長 亀井聡先生)において、当科所属の森泉輝哉医師らの発表演題「脳腱黄色腫症の自験例における治療効果」が、優秀演題賞を受賞いたしました。
脳腱黄色腫症では、早期介入が治療効果に影響する可能性があるため、疾患啓発の重要性が示唆された重要な知見を評価いただいたものと思います。おめでとうございます。

20191106_202403.jpg
表彰される森泉先生
posted by 三内 at 16:02 | 論文・発表紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする