第7回日本難病医療ネットワーク学会学術集会にて最優秀口演賞を受賞しました

2019年12月04日

2019年11月15、16日に博多にて第7回日本難病医療ネットワーク学会学術集会(会長 九州大学大学院医学研究院神経内科学 吉良潤一教授)が開催され、当科(難病診療センター併任)日根野晃代講師が最優秀口演賞を受賞しました。
演題は「在宅難病患者に対する情報共有システムを用いたオンライン診療の試み」です。これまでまつもと医療センターの中村昭則先生が携われてきた患者情報共有システムに、Web会議通信機能などオンライン診療に必要な機能を搭載し、患者さんの在宅の情報を共有しながらオンライン診療が行えるシステム開発を目指した試みです。


1.jpg
学会長の吉良先生から表彰状を受け取る日根野講師


現在、実証実験を開始(https://www.kicnet.co.jp/news/article/n191017/)しており、その様子は中日新聞でも取り上げられました。https://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20191114/CK2019111402000020.html
今後通院が困難な神経難病の患者さんなどが、在宅でも安心して医療を受けられる一つの方法になればと考えています。
posted by 三内 at 00:00 | 論文・発表紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする